新築マンションの買い方について知っておこう!

新築マンションを買うための第一歩とは

都心部を中心に新築マンションは増え続けていますが、新築マンションを購入しようとする場合にはどうしたらいいでしょうか。まず、その第一歩としてまずは気になるマンションがあればその会社のモデルルームを見てみることです。人気のある新築マンションの多くは内覧する前にすでに売り切れてしまう場合も多いからです。ならばモデルルームを参考にして決めるしかないということになりますね。ただし、モデルルームはフルオプションですので、そのまま内装や家具を真似するとかなりのお金がかかってしまいます。

良い営業マンかどうかを見極める!

マンションのモデルルームに行くとスーツを着た営業マンが入口のところに立っている姿を見たことがある人もいると思います。良いマンションを購入するのであればよい営業マンに巡り合うことも大事になります。ただ、素人には良い営業マンがどのような営業マンかわかりにくいと思います。良い営業マンとはまず顧客のことを考えて発言する人ですね。そういうと『そんなことは当たり前だ』と言われるかもしれませんが、逆に言えば売り込みをかけてくる営業マンは避けたほうが良いということなのです。

マンションの契約後の問題点は?

良い営業マンに出会い、マンション購入の意思を固めたならば契約に入ります。ただし、多くの場合現金一括で購入することは難しいですね。この場合ローンを組みますのでローンの審査に通るかが問題になるのです。ローンの審査は今までの金銭的な信用問題が破たんしている場合でなければ、例えば過去にローンを踏み倒したり、現在支払い中のローンがなければ審査は通りやすくなります。その後は各種の書類をそろえることが大変ですので契約から引っ越しまで2カ月ほど余裕をもって行動するのが理想的です。

新築マンションで快適に生活するためには間取りや設備を吟味したうえで生活スタイルに合致している物件を選ぶことが大切です。また、交通の便や周囲の環境も居住性を大きく左右する点を注意します。