楽しく選ぼう!~賃貸を選ぶ時のコツと注意点~

絶対条件!~これは譲れないところ~

アパートやマンションを借りる際に絶対に外せない条件があるでしょう。たとえば学生さんなら「大学からのアクセスが便利」「予算内じゃないと厳しい」、社会人も同じく「会社へのアクセス」「給料との兼ね合い」、同棲カップルさんなら部屋の数を考えなければならないところでしょう。まずは学校・職場とのなかで通学通勤可能な範囲のなかへ入る物件が第一条件としてくるでしょう。次に第二条件は予算!あまり無理をしてしまうと生活が成り立たなくなってしまうので、社会人の場合は手取りの三分の一以内が適正と言われていますね。それでも「家」とは身体を休めるところですから、騒音や収納数の少なさでストレスが溜まってしまうのも問題です。では次に、個人個人で異なってくる優先条件を見ていきたいと思います。

優先条件!~これがある/ないとストレスだ!~

男性女性で変わってくる部分とも思います。たとえば女性だったらセキュリティ。その場所は大通りに面しているのか、人通りが少なく夜は暗いのか。インターホンはTV付きインターホンか、など。女性として気になる面は色々とあるかもしれませんね。そういったものは後回しでいいから、部屋の広さや収納、綺麗さが重要!という方もいらっしゃるかと思います。綺麗さ、といっても外観内観共に綺麗な場合と、内観だけが綺麗な場合があります。外観が多少古くてもリフォームして部屋が綺麗であれば気にならないという方は、築年数分もちろん賃料はお安くなるかと思います。お風呂に関しても脱衣所がないと気になる、風呂トイレ別じゃないと耐えられない!……そういった自分が「耐えられない!」という観点から見て、物件を比較していくと良いでしょう。住んでみないと分からないという場合も多いかと思いますが、私が一人暮らしした際には意外にも風呂とトイレは別でも一緒でも良かったなと思いました。というのも実際、仕事から帰ったあとにお風呂に入る気力がなかったので、シャワーで済ますことが圧倒的に多かったためです。このように周囲の人の意見を聞くのも良いでしょう。

注意点!~見落としがちな部分をチェックしよう~

内見する際、ついつい部屋の綺麗さや広さにばかりに目がいってしまいますが、部屋の日当たりはもちろんのことコンセントの数や位置も大事になってきます。良い部屋でもコンセントがなければなにも置けませんからね。築年数が古い物件だと「アスベスト」も心配するべき点でしょう。それから畳の部屋は退去の際、間違いなく畳を交換されるため敷金から引かれます。またガスも注意が必要です。都市ガスとプロパンガスがありますが、後者の場合、ガス料金は2倍以上になっていきます。自炊を全くしないというのならば気にするべき点ではないかもしれませんが、外食ばかりだと今度は食費がかさんでいくので給料と要相談になっていきますね。また部屋がそこそこ広くても収納が少ないのと、収納が大容量で部屋が狭め、という場合だったら後者をおすすめします。暮らしていくと物はどんどん増えていくので、うまく断捨離できない方は収納が大きいに越したことはありません。最後に、必ず賃料の交渉はしてみること!言ってみるだけなら何も損はありません。皆さんが楽しく、良い賃貸選びができることを祈っております。

札幌には大学や専門学校が多くあり、一人暮らしをする若者が多くいます。そんな若者向けの札幌の賃貸マンションも多くあります。