外壁塗装のリフォームをすれば新築のような美しさを取り戻せる!

外壁塗装をどのくらいの周期で行うべき?

外壁は紫外線や雨、風に直接さらされている部分ですから、時間がたつごとに劣化が進んでしまいます。新築であっても10年もたつと、少しずつ蓄積された汚れや苔、藻などがこびりついて、見た目がみすぼらしくなってしまいます。外壁な家の雰囲気を判断する要素の1つですから、常に美しさを保っておきたいですよね。そのためには、定期的なメンテナンスが必要です。外壁の素材や状態にも左右されますが、一般的に10年に1度を目安に塗装すればいいでしょう。

外壁は劣化するとどうなるの?

外壁には紫外線や汚れから守るために塗料が塗られています。しかし劣化すると、塗料が作っていた塗膜が剥がれてしまい、塗料の中に含まれていた顔料がむき出しになってしまいます。外壁を触って白い粉がつくことがありますよね。それこそが顔料で、チョーキング現象を起こしていることを示しています。チョーキングが起こると、雨が降ったときに水分が外壁にしみこみやすくなります。もし外壁に地震やコンクリートの劣化でひびが入っていたときは、そこから雨水が室内に入り込んで、建築資材を傷めてしまうこともあります。建築資材が劣化すると、家の強度や耐震力も下がってしまい、大掛かりな補修工事が必要になってしまいます。そうならないように、外壁の劣化の1つ、チョーキング現象を見つけたら、早めに補修作業が必要です。

外壁塗装の手順ってどんなもの?

外壁塗装工事は、最初に足場を組むことから始めます。建物は2階建て以上が多いですから、作業員が安全に、そして丁寧に作業できるように足場を組みます。そして高圧洗浄機を使って外壁に長年蓄積した汚れを洗い流します。何年もかけてこびりついた汚れは普通に掃除するだけでは落とせないので、高圧洗浄を徹底的に行います。汚れが取れた外壁は状態がはっきりするので、ひび割れた部分や欠けた部分は手作業で1つずつ補修します。隙間に樹脂などを詰めて下地を整えます。それから塗料作業になります。塗料は下塗りと中塗り、上塗りの3度塗りが基本になります。重ね塗りすることで耐久性が高くなります。外壁塗装をすることで、新築と同じような美しさを取り戻すことができますし、定期的なメンテナンスは家の寿命を延ばすことにもつながるのでおすすめですよ。

アパート塗装なら千葉は職人の高い技術力で作業を行うので、施工も迅速で安心して任せることが可能になっています。